高級おむつミラフィールを使ってみた!使用感やお値段、サンプルのもらい方も紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
子どもグッズ

高級紙おむつのミラフィールをご存じでしょうか?

公式ストアにも「世界最高おむつ」との言葉が…。

いつも使っているおむつとどんな違いがあるんだろう?とつい気になってしまいますよね。

普段はドラッグストアの特売品のおむつを買っている私ですが、子どもが敏感肌なこともあり「世界最高」の品質がどうしても気になり、使用してみましたのでレビューしたいと思います。

ミラフィール(Mirafeel)とは?

ミラフィールとは、赤ちゃんの快適さと、パパママの使いやすさを研究して作られた、最高品質の紙おむつです。

おむつ自体の素材は、肌触りのいいシルキー素材を全体に使用しています。

また、形としてはパンツタイプのおむつなのですが、テープタイプの機能も兼ね備えており、簡単にお子さんの体形に合わせたサイズ調整が可能です。

ミラフィールの特徴

次に、ミラフィールの特徴を詳しく見ていきます。

シルキーテープ

パンツタイプのような形のおむつですが、幅広(縦長)のテープもついています。

そのため、お子さんの体形に合わせて調整することで、体にぴったりフィットさせることができます。

テープは何度か貼りなおして調整することもできます。

まるごとシルキー素材

おむつ全体が、柔らかく触り心地の良いシルキー素材でできています。

ギャザーなども、もちろんシルキー素材なので、柔軟で漏れにくい上に、お子さんの繊細な肌にやさしく、ゴム跡なども付きにくいです。

3Dシート

シート面はシルクのようになめらかな超極細繊維を使用し、でこぼこ立体加工になっています。

肌に触れる部分はいつもやわらかく、さらさらで、こすれやかぶれを防いでくれます。

ちなみに家にあった他のメーカーのおむつと比較してみた画像がこちら↓

確かにミラフィールは(メリーズも)表面がぽこぽこと立体的になっていますね。

ミラフィールはおむつが濡れた後も、肌に触れる面がさらさらしていました。

ウエストプリーツ

ウエスト部分がプリーツになっており、締め付けずに空気の通り道を確保してくれます。

ふんわりよく伸びるのでおなか周りにやさしくフィットします。

通気性も抜群で、蒸れを素早く逃してくれるのでかぶれにくいです。

Thin-Dry吸収体

たくさんのおしっこも素早く拡散・吸収してくれるので、お尻はいつも快適です。

どんなに動いても型崩れしない、薄型の吸収体を採用しています。

おしっこでおむつがぬれた後も肌に触れる面がさらさらでした。

ミラフィールのサイズ展開・枚数

ミラフィールはS~XXLサイズまでサイズ展開しています。

各サイズの1パック当たりの枚数と適応体重は以下の通りです。

Sサイズ(48枚)  4~8kg

Mサイズ(44枚)  6~11kg

Lサイズ(40枚)  9~14kg

XLサイズ(36枚)  12~17kg

XXLサイズ(32枚) 15~28kg

各メーカーで1パック当たりに入っているおむつの枚数に違いはありますが、ミラフィールはその中でも1パック当たりの枚数が少なめな印象です。

ミラフィールの値段(単品・サブスク)

そして、気になるミラフィールのお値段についてです。

各サイズ1パックのお値段は、税込み1,848円です。

定期便(サブスク)で注文すると、20%オフの1パック当たり、税込み1,478円で購入できます。

定期便で注文すると、おむつが自宅に届く間隔を、2~10週間という間隔で選択することができます。(いつでも休止・解約が可能です。)

高級おむつというだけあって、やっぱり他のメーカーのおむつよりもちょっとお高めですね。

ミラフィールのサンプルが欲しい!

「ミラフィールが気になるけど、買ってみて合わなかったらどうしよう?」と思われる方もいますよね。

我が家も、アトピーっぽい敏感肌の子どもがおり、おむつによってはおむつかぶれを起こしてしまい、ほぼ1パック無駄になってしまうということもありました…。

そんな時にうれしいのがおむつのサンプルです。

1パック買ってしまう前に、実際におむつがお子さんに合うのか試しておけると安心ですよね。

ネットでしか購入できないミラフィールですが、実はサンプルをもらうことができるんです!

サンプル請求の方法は以下の通りです。

公式HPのお問い合わせより「サンプルが欲しい」旨をメッセージにて伝える。

これだけです!

わざわざ問い合わせをしなければならないので少し手間もありますが、ちょっとお高めのおむつということもあり、購入する前に子どもに合うかどうか試せるというのは、とてもありがたいですよね(^^)

ちなみに、私がサンプルを請求したときには2日ほどでサンプル品が自宅に届きました。

さらに、タイミングが良かったのか、初回限定で20%オフで購入できるキャンペーンクーポンも同封されていました。ラッキー(^^)

お肌に合うかどうかはもちろん、子どもの体重的に、おむつのサイズをLかXLで迷っていたため、両方のサンプルを送ってもらい、お試しすることができました!

ただ、サンプル品には2枚しかおむつが入っていません。

お肌がデリケートなお子さんなどは、定期購入に踏み切る前にもう少ししっかりお試ししたいですよね。。

そんな時にはAmazonで通常品よりも小さめのパックが販売されているので、それを購入してみることをおすすめします!

じっくり試せるので、お肌に合うかしっかり見極めることもでき、定期購入しても大丈夫そうか判断する手助けになります(^^)


【Sサイズ 24枚入り】Mirafeel 乳幼児用紙オムツ【Amazon.co.jp限定】


Mirafeel 乳幼児用紙オムツ Mサイズ 22枚入り

【Lサイズ 20枚入り】Mirafeel 乳幼児用紙オムツ【Amazon.co.jp限定】

ちなみに、おしりふきも購入できます(^^)


【1箱24袋入り】Mirafeel 赤ちゃんのおしりふき【Amazon.co.jp限定】

ミラフィールのメリット

ミラフィールの良かった点は以下の通りです。

肌触りが最高

まずは何といっても、おむつの素材がよく、肌触りがとてもよかったです!

過去にいくつかのメーカーのおむつかお肌に合わずかぶれてしまったことがある息子も、特に肌トラブルは起きませんでした。

ぴったりにサイズ調整ができる

しっかりしたギャザーとウエストの幅広テープで子どもにぴったりのサイズに調整することができます。

足回りやウエストの微調整までできるので、細身のお子さんなどでも、漏れなどをしっかりと防ぐことが可能です。

薄手でかさばらない

Thin-Dry吸収体を採用しているためか、おむつ自体が意外にも薄手です。

ぴったりフィットさせられることもあり、履いているときに洋服の上から目立ちにくいです。

また、畳んだ状態でも薄手なので、おむつポーチにもスマートに入ります。

デザインがおしゃれ

これは好みもあるかもしれませんが、おむつのデザインがキャラクターなどの子どもっぽいものではなく、テキスタイル調の柄になっているので、おむつなのに一気におしゃれな感じになります。

ミラフィールのデメリット

ミラフィールを使って感じたデメリットは以下の通りです。

お値段が高め

やはり、最高品質のおむつということで、お値段が高めです。

もちろん品質は抜群なので、お値段と品質のバランスをどう取るか…。という選択になってきますね。

ちなみに、我が家ではすべてミラフィールにするのではなく、ミラフィールは夜間など長時間おむつを付ける時に使用するようにして、日中など短時間でおむつ交換をする場合にはコスパのいいおむつを使って部分的に節約しています。

ネットでしか買えない

ミラフィールは、現在、公式サイトからの注文が主な販売経路になっています。

そうした点で、あまりネットショッピングに馴染みのない方には手を出しにくい商品かもしれません。

ただ、Amazonで小さめのパックが売っているので、いきなり定期購入するのに抵抗がある方は、まずはそれをお試しするのもおすすめです。

おむつを丸めて捨てる時のシールがない

これは慣れだと思うのですが、市販のほとんどのパンツタイプのおむつには、捨てる時にくるっと丸めて貼るシールがおしりのところについていますよね?

ミラフィールにはそのシールがついていません。

とはいえ、一般的なテープタイプのおむつを捨てる時と同じように、丸めて両側からテープでとめればよいので、デメリットというほどではないかもしれませんね。

新商品!ミラフィールのおしりふき

2022年1月に、ミラフィールのおしりふきが発売されました。

まだ使ったことはないのですが、ミラフィールのおむつと同様にシルキー素材を使用しているとのことで、肌触りがよさそうですね。

さらに、業界最大の大きさと厚みになっているとこのとで、うんちのふき取りなどにも重宝しそうです。

まとめ

ミラフィールは、最高品質というだけあり、とにかく肌触りが最高のおむつでした。

パンツタイプのおむつでありながら、テープタイプの機能も兼ね備えているので、調整して体にぴったりフィットさせることができるのも、成長に合わせて体型が変化する子どもにとっては魅力的です。

お値段はちょっとお高めですが、一度試してみる価値アリな、高品質なおむつでした(^^)

購入・詳細はミラフィールの公式サイトよりご確認ください。

他にもこちらのページで「トイサブ!」という、未就学の小さなお子さん用のおもちゃサブスクについて紹介しています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
子どもグッズ
pinmariをフォローする
ぴんまりママのお役立ちブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました