子どもなら持ってなきゃ損!ヤマダキッズカード☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キッズ

ヤマダ電機の子ども限定ポイントカードをご存じですか?

その名も「ヤマダキッズカード」!

無料でポイントをためることができ、貯めたポイントでゲームやおもちゃをゲットできちゃう、とってもお得なカードなんです(^^)

2022年5月8日(日)まで、ヤマダキッズカードのポイント2倍キャンペーンが開催されています!

このチャンスにたくさんポイントを集めちゃいましょう(^^)

ヤマダキッズカードとは?

ヤマダキッズカードは、ヤマダ電機の子ども専用のポイントカードで、ポイントを貯めると専用のカタログから欲しいおもちゃやゲームがもらえちゃうという、とってもお得なカードです!

もちろん、入会金・年会費は無料です。

ポイントの貯め方としては、来店時にポイントマシンにカードをかざすとポイントスロットが回り、当たった数のポイントがどんどんたまっていきます。

特に毎回お買い物をする必要もなし!

本当に、ヤマダ電機に行った時にポイントマシンで遊ぶだけなんです。

これは、お子さんがいらっしゃる方は作らなきゃ損!な気がしますね…(^^)

ヤマダキッズカードの作り方

カードの作り方はとっても簡単です。

対象となるお子さんと一緒にヤマダ電機に来店し、カードの申込書に氏名や生年月日等の必要事項を記入するだけ!

実際に5分程度でカードを発行していただけました。

ヤマダキッズカードの対象年齢(有効期限)

こちらのヤマダキッズカードを作れるのは、0歳~小学6年生のお子さん限定です。(正確には、カード自体の有効期限は13歳の誕生月の末日ですので、それまでの期間であれば景品交換をすることは可能です。)

というわけで、仮に0歳に登録し、小学校6年生までの約12年間、毎日ポイントマシンで遊ぶと、最低でも【12年×365日×5ポイント=21,900ポイント】を貯めることができます!

なので、たくさんポイントを貯めたいのであれば、早めにカードを作るのがおすすめです!

ポイントマシンについて(スロット)

前述の通り、ヤマダキッスカードのポイントを貯めるには、ヤマダ電機各店にある、ポイントマシンで遊ぶ必要があります。

ポイントマシンでゲットできるポイント数は、スロットの結果に応じて下記の通りになっています。

1等  1000ポイント

2等  500ポイント

3等  100ポイント

4等  10ポイント

5等  5ポイント

(6等 1ポイント)

上の四角の中で、6等の1ポイントをかっこ書きにしたのには理由がありまして、ポイントマシンの画面には「そろわなくても1ポイント」と記載がありますが、1年以上通っていて6等の1ポイントが出たことはないので、おそらく最低でも5ポイントはゲットできるものと思われます。

子どもにやさしい設定ですね(^^)

ポイントの当選確率(1等は当たる?)

ポイントスロットの当選確率については、実際の確率についてはやはり公表されていません。

ですが、ほぼ毎日通い詰めた結果としては、5等の5ポイントが当たることが圧倒的に多いですが、10回に1,2回くらいの割合で4等の10ポイントが当たっています。

実は、1年半ポイントゲームをした中で、過去に2度だけ3等の100ポイントが当たったことがあります!

運が悪いだけなのか?1年半で3等が2度だけで、あとは4,5等というのは、子ども向けにしてはなかなか設定が渋い気もしますね。笑

あくまで私が今まで通って感じた印象なので、実際のところの当選確率はわかりません。

果たしてどのくらいの確率で1等は当たるのでしょうか…?

子ども3人分、まだ数年は通う予定なので一度は1等をお目にかかってみたいものです(^^)

ポイントと交換できる景品(景品交換カタログ)

貯めたポイントは100ポイントから交換可能で、お菓子やトミカ・シルバニア等のおもちゃ、また、がんばってポイントを貯めれば、switchやswitchのソフトなどの高額商品と交換することも可能です!

詳細なプレゼントにつきましては、ヤマダ電機の公式ページから景品交換アイテム一覧のカタログをご確認ください☆

頑張ればゲームももらえちゃうなんて、夢がありますね〜(^^)

ポイントを貯めるコツ

まずは、少しでも回数を多く、毎日のようにヤマダ電機に通えば、その分ポイントゲームができるので、ポイントは早く貯まっていきます。

ヤマダキッズカードのポイントスロットは1日に1回しか回せませんので、それはあたりまえですよね。

さらに、ここからが効率よくポイントを貯めるために大事なところです。

実はヤマダ電機には、定期的にヤマダキッズカードのポイントが「2倍」や「4倍」となるキャンペーンがありますので、そのタイミングで効率よくポイントを稼ぐことがポイントをたくさん貯めるための近道です(^^)

ちなみに以前は、お正月頃に保有ポイントを2倍とカウントして景品のポイント交換に使用できるキャンペーンがありましたが、2022年のお正月にはそのキャンペーンは残念ながら開催されませんでした…。そろそろポイントもたまってきたので、個人的にはこのキャンペーンの再開を切望しています。笑

実際にほぼ毎日通い詰めて貯まったポイントがこちら!

わが家は子どもたちの園への送迎ルート上にヤマダ電機があるため、約1年半の間、週5日はほぼ絶対、何なら週によっては毎日というペースで通いました。(カードを作った当初は、ポイントスロットをできるのが土日祝日だけでしたので、ずっと同じペースで通ったというわけではありませんが…。)

その成果がこちら!

なんと、2590ポイントも貯めることができました!兄弟それぞれ、同じくらいのポイントが貯まっています(^^)

なかなかいいペース!近いうちに子どもが欲しがるおもちゃやゲームソフトなどと交換できそうです!

ヤマダキッズカードで受けられる特典

ちなみに、ポイントを貯める以外にも、ヤマダキッズカードを持っていると、お得な特典があります!

常時ではなく、イベント時などの期間限定になりますが、キャンペーンでタオルハンカチやシール等のちょっとしたプレゼントがもらえたり、新作のゲームソフトなどが割引価格で買えたりするという、お得なサービスが受けられます。

ヤマダキッズカードに関するちょっとした疑問

ポイントの合算はできる?

結論から言うと、ヤマダキッズカードのポイントを合算することはできません。

我が家は兄弟でポイントを貯めているので、貯まったポイントを合わせることができれば、ゲーム機本体などの高額景品とも交換できる?なんて淡い期待を抱きながら、ヤマダ電機に問い合わせをしてみたところ、「キッズカードのポイントにつきましては弊社都合で合算できません。」とのお答えをいただきました。

ちょっと残念ですが、なんせ無料でいただけているポイントですし、仕方ないですね!

というわけで、高ポイントの景品をゲットするためには、足繫く毎日のようにヤマダ電機へ通う努力とポイントスロットで高ポイントを当てる運の強さが必要そうです。笑

親だけで来店した場合もポイントスロットはできる?

基本的には子ども向けのサービスのため、お子さんと一緒にポイントスロットで遊んだほうがいいのかな?とは思いますが、コロナの流行が酷くなったこともあり、親だけで買い物に行くことも多々ありました。

そうした、親だけでの買い物の際にもポイントスロットを利用しましたが、特に店員さんにダメだといわれることもありませんでした。(ポイントスロット中に店員さんと話をしたこともありましたが、注意されたりなどはなかったです。)

逆に、ポイントマシンのところに「ポイントマシンの利用には保護者の同伴が必要です」という主旨の注意書きがあったのを見たことがありますので、お子さんだけでの利用は避けた方がよさそうです。

子どもの誕生日にポイントスロットをしてみたら…?

こちらは余談になりますが…。

ヤマダキッズカード作成時に子どもの生年月日も登録しました。

「誕生日を登録したってことは、もしかして…。誕生日には高ポイントが当たる?!」なんて、甘いことを考えていましたが、全くそんなことはなく。。

誕生日でもあっさりといつもの5ポイントでした。笑 

登録した生年月日は、ただ単に有効期限管理のための情報だったと思われます。笑

まとめ

ヤマダキッズカードの魅力が少しでも伝わりましたでしょうか?

完全無料で利用できますので、損することはありません!

お近くにヤマダ電機がなく、年に数回行く機会がある程度かな?という方でも、最低100ポイントから景品交換ができますので、試しに作ってみてはいかがでしょうか?

ヤマダキッズカードの詳細はこちらもご覧ください☆(公式HP)

ちなみに、日ごろから家電を買うときはもちろん、ちょっとした日用品もヤマダ電機で購入することが多いわが家ですが、最近は毎日のようにヤマダ電機に通っているので、同時進行で普通のお買い物ポイントも貯まってきました。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました